トップページサイトマップ

理想の相手をGETするには?理想が高くて良い人が見つからないという方は必見!

児童買春禁止法

出会い系サイトを利用する上で知っておきたいのが
「青少年保護育成条例(淫行条例)」と児童買春禁止法です。
携帯でのインターネットが普及し、気軽に出会い系サイトにアクセスすることが可能になり
児童がわいせつ犯罪に巻き込まれる事件が多発しています。
もしも出会った相手が未成年だった場合こちらが犯罪に問われる可能性があります。

携帯を触る女子高生

以前は児童買春行為は淫行条例で処罰されていました。
しかし、「児童買春、児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律」が施行されてから
援助交際と言われる買春行為はこの児童買春禁止法によって裁かれることになりました。
この法律に対する罰則は3年以下の懲役または100万円以下の罰金となります。

児童買春禁止法が施行されてから、芋づる式の逮捕が増えています。
捕まった少女が、警察で問い詰められて過去の犯罪行為が露呈するという流れです。
一度くらい援助交際をしてもバレないだろうと高をくくっていた人たちが一斉に検挙されているのです。

運営がしっかりしているところでは、
年齢認証を徹底しているため未成年者がアクセスしている可能性は低くなります。
きちんと年齢認証をしているサイトを選び、
また未成年かもしれないと思ったら関わらないことも大切です。

そして、しっかりした年齢認証が行われているサイト、
という事は反対に考えればそれだけしっかりした体制で、18歳以上のみが登録されているということです。
安心できるサイトを利用するのが犯罪に巻き込まれない一番の近道ですので、
怪しいサイトは利用しないようにしましょう。