トップページサイトマップ

理想の相手をGETするには?理想が高くて良い人が見つからないという方は必見!

イメージの改革

出会い系で出会い、結婚するなんていうことは今の社会にとってはあまり抵抗のないことになります。
何故ならインターネットが浸透し、そうすればやはりSNSなどのサービスでたくさんの人が出会い、
最初出会いからスタートすることもあります。
そもそも出会いはそこらじゅうにあるので、
出会い系であえて自分と波長が合う相手を探すことは何も悪いことではないのです。

PCを見て笑う女性たち

しかし「草食系男子が増えた」といってメディアや雑誌で大きくとらえられ過ぎることで
そうでもなかった男子が思い込んで前にあまり進めないなんていう悪循環も。
もっとガツガツしていていいと思うし、
もっと「寂しい、甘えたい」と主張していっても良いと考えるのですが。

出会い系サイトにずっと携帯を繋ぎ、サイト内の様子をじっと観察する、
又はそういう輪の中に混ざることで、人は何かしらの安心を得ていることになります。
ですからツイッターなどもそれがたくさん表れています。
常識的に考えてこういうことは発言しちゃだめ、という空気を読んでいるツイッター愛用者は
自分が思ったことや自分自身の考えを縦横無尽につぶやいている。

それぞれの「今」を公開することで、「共感」を得たいという人間の心理を操るツールであるわけです。
こういう心理的な部分に侵食されることで、出会い系に登録し、出会い系で出会い、
交際しているという事実を晒したところで嫌な顔をされなくなるのは、
ネットが普及されてきたおかげでもあるのです。