トップページサイトマップ

理想の相手をGETするには?理想が高くて良い人が見つからないという方は必見!

国際結婚のデメリット

【国際結婚のデメリット】
国際結婚に憧れを抱いているのであれば、デメリットはあげたくはないのですが、
不便だな、と思う事を上げてみたいと思います。
リサーチなどではダントツで、国際結婚は手続きが面倒くさいと言います。
外国と日本での婚姻届が必要なので、大量の書類が必要になります。
滞在のビザや年金など、色々なものの準備が必要になります。

空港の飛行機

また次に多いのが、相手の親に何かあったとしてもすぐに駆けつけて上げれないし、
お金がかかるというものです。
中には相手の国と14時間以上かかる国もありますし、一本の飛行機で帰れればいいですが、
何機も乗り換えして1日かかって帰る所もあります。
時間もそうですが、お金もかかります。
急な事に対応できないのはつらいですね。
そして女性の場合には就職できないという人も多いです。
もともと言葉をある程度取得してれば大丈夫かもしれませんが、
夫婦の会話が英語で、母国語が違うとなると、その母国語の勉強には時間がかかりますから。
これは相手の国に住んでいるという前提になりますが。

【相手の国の親戚】
国際結婚のメリットには嫁姑問題が少ないと言いましたが、
国によっては親戚付き合いが強くて苦しいという声も聞きます。
相手の国に住むという事が前提でありますが、特に中東などでは家族が常に行き来するような関係が多く、
家族も多いので毎日違う兄弟が遊びにくるなんてことも多いです。

ただでさえその国に慣れていなくて、言葉の壁もあるというのに、
孤独を感じる事でストレスになっていくケースもあります。
離婚を決断する場合には、こういった親戚との人間関係が関係している事が多いのです。
自分の母国語を全くしゃべれない生活は思ったよりストレスがたまります。
たまに帰れればいいですが、なかなか難しい場合にはどこかで発散できないと
住んでいくのには難しいものです。
その国では常識が、自分にとって苦しいことも出てくるという事です。
夫婦でそれを乗り越えられれば問題はないのかもしれませんが。

【国際結婚に覚悟あり】

国際結婚のデメリットもあげましたが、国際結婚をする時にはある程度覚悟が必要です。
言葉の壁も、文化の壁ももちろんです。
日本人同士でも生き方が違って、地方が違ってというのがあるように、
歩み寄り理解しようと思って結婚している人がほとんどです。
国際結婚に憧れて出会いを求める人は、あらかじめそうしたことを考えておく必要があるでしょう。
中には、結婚してから辛くてどうしようもない所まで行ってしまう人もいます。

しかし国際結婚するのに、デメリットだけを見つめて結婚する人はいません。
好きな人が外国人でその人とどうやって一生歩んでいくかは、
その夫婦で話し合い歩み寄る問題なのかもしれません。
それは国際結婚に限らずです。