トップページサイトマップ

理想の相手をGETするには?理想が高くて良い人が見つからないという方は必見!

世代で変わる会話の内容

【同じ方法で攻略しても無理!相手に合わせた会話を!】
いくら話術に自信があっても、友達には大ウケでも、
それが出会いの場でかならずしも有効とは限りません。
一回成功したからといって、
同じ方法で別の世代の異性を攻略しようとしても上手くいく可能性は低いでしょう。
何故?求める会話の質が違うからです。
あなたにも経験ありませんか?まずは相手を分析してみましょう。

目で語る

【20代?「もう大人だもん」と主張する子供】
20代は10代の「大人の管理下に置かれた窮屈な自分」から解放されて嬉しい反面、
じゃぁ、具体的にどうすればいいの?という不安定な要素も含んでます。
いままで出来なかった事を片っ端から実践するため、はじける様なテンションと無限の体力をもちます。
子供扱いされることを嫌い、ひとりの大人として対等な関係を築きたいと思っています。
よって、「自分を大人扱いしてくれる」紳士的な対応が喜ばれます。
20代も後半になると「結婚」という文字を意識しだす人が増えてきます。
が、経済面や「まだまだ遊び足りない」といった気持ちがある事から、
あまり露骨に結婚を意識した会話や態度は避けた方が無難でしょう。

【30代?「もう子供じゃないから」とはにかむ大人】

20代の様なはしゃいだ空気が落ち着き、下からやってきた新しい「若い世代」のパワーに押されつつ、
「もう子供じゃないんだ」とある意味納得しているのが30代です。
若々しいと思われたい反面、幼いと思われているのでは?と感じると急にムカついたりします。
「結婚」を意識しながらも、仕事や趣味にお金や時間もかけられる為、
勢いだけで盛り上がる相手よりも自分との共通点や同じ目的のある
「地に足のついた大人」との出会いを求めます。
また仕事や育児など、責任ある仕事の重圧がのしかかる人が増えてくるので、
「たまにはパーッっと発散したい!」といった
一時的なストレス解消に上手につきあってくれる相手も必要とされてきます。