トップページサイトマップ

理想の相手をGETするには?理想が高くて良い人が見つからないという方は必見!

男女でもこれだけ違う年代の差

【年齢ではなく、気持ちが老けてしまう!】
実年齢よりも老けて見える人、若々しく見える人様々ですね。
あなたはどちらに見られることが多いですか?
容姿の変化よりも、気持ちの変化によってオーラが現れます。
中学、高校などのクラス会に出席した時、
全員同い年なのにずいぶんと違うものだと驚愕したことはないでしょうか。
一体、何が彼等をそうさせたのでしょう。

写真

【「おにいさん」と「おっさん」の狭間で】
歳を重ねるにつれて、男性は「頭皮が薄くなる」「お腹が出る」など、
いわゆる「おじさん」化していきます。
でも、「おじさんだから出会いが無い」「おじさんだからモテない」というワケではないはずです。
おじさんの会話は、女性にもつまらないと感じられることが多くあります。
出会いの場で放ったオヤジギャグが寒い・・・というのは、
今までなんの迷いも無く相手に一方的に投げかけていた「俺を見て!」のアピールが、
段々と相手に「喜んでもらおう」「ウケてもらおう」と相手寄りになった結果なのです。
相手に投げっぱなしだった会話の態度を改めたのは大変高評価ですが、
会話のスキルが伴わないと「イタいおっさん」になってしまいます。要注意です。

【「おねえさん」と「オバさん」の境界線とは?】
若い女性はまさに「華」に例えられるほど、いるだけで場が華やぐものです。
これは、子犬を見て無条件に目尻が下がるのと同じ反応です。
それに甘えてこの蜜時が永遠に続くと思い込んでしまうと後にはシビアな現実が待っています。
若い世代は後ろからぞくぞくとやってきます。
そこで上手に世代交代するのか、それともしがみつくのかで
「すてきな先輩」と「オバさん」の境界線が見えてくるでしょう。
段々と自分だけでなく周りの事も見えるようになってきて、「自分が華になる」会話だけではなく、
「場を和らげる」会話のスキルが求められる様になってきます。
ギラつく真夏の太陽と、涼やかな秋の月光。長時間浴びていられる方はどちらでしょうか?
後者ですね。自分の立ち位置がわかる女性ほど、若々しい女性なのです。