トップページサイトマップ

理想の相手をGETするには?理想が高くて良い人が見つからないという方は必見!

効果的な会話選びを!

【20代には褒め言葉でも、30代にはお世辞にしか聞こえない】
「かわいいね」「かっこいいね」など、出会いの場で女性をほめまくる人は多いでしょう。
容姿をほめる言葉は確かにうれしいですが、相手を選んで効果的に使いましょう。
20代にはほめ言葉でも、30代に同じせりふが有効とは限りません。
逆もしかり。相手によって使い分けが大切です。

褒められると嬉しい

【「全然若いですね」地雷は極力踏まない!】
容姿をほめるならその人のセンスや、個性の出ている箇所をほめるのが効果的です。
「いい色の服ですね」「すてきなバッグですね」等が無難でしょう。
「若いですね」は20代には「子供っぽい」と聞こえ、
30代には「実は意外に老けてるんだと思った。」という意味にも取れます。
もちろん、額面通りに受け手めてくれて「やだっ嬉しい」となることもあるでしょうが、
相手によって対応が違うので注意が必要です。男性に対しての「かわいい」なども同意語です。
男性は「外観よりも中身が表ににじみ出ている状態」ほめられるのを好む傾向にあります。
「以外に優しいんですね」「頼りがいがありますね」など
「私はあなたの中身を正統に評価していますよ」という姿勢をみせるといいでしょう。

【言葉が見つからない時には聞き役に徹しよう!】
「どうも自分は口下手で…」「努力したが、どうしても相手のほめるべきところが見つからない」
場合によってはこういったシチュエーションに陥ることもあるかもしれませんね。
その場合は潔く聞き役にまわりましょう。
無理して自分を語る様な痛いアピールする必要はありません。
「話を聞いてくれる人」これだけで十分なアピールとなります。
「どうして?」「それで?」「どうなったの?」これを挟むだけで相手はどんどん話してくれるでしょう。
相手は「聞いてくれる人の存在」でも先述した「共通点」を感じる事ができて、大変満足します。
そこから「人にあまり話した事の無いぶっちゃけ話」を聞き出して、親密度をあげていきましょう。
聞き上手は話し上手。これを実践してみましょう。