トップページサイトマップ

理想の相手をGETするには?理想が高くて良い人が見つからないという方は必見!

晩婚が当たり前に

【晩婚は当たり前?結婚適齢期は上がっている】
今や、「晩婚」という言葉は聞かなくなってしまいました。
晩婚とは30代の結婚を指す事が多かったのですが、20代よりも30代での結婚が多くなってきたので、
40代以上の人を晩婚と呼ぶ方が増えてきました。
30代で出会いを求めるのは、もはや普通なのです。
特に初婚の平均年齢は、28.3%が30代近くです。
結婚適齢期が25歳だった頃と比べると、結婚する年齢は確実に上がってきています。
結婚率は20代前半で12.3%、20代後半で41.0%、30代前半で68%、30代後半で81.6%、
40代前半では88.9%なのです。

焦る女性

男女によって事情が変わりますが、
女性の場合には仕事をするキャリアウーマンが増えてきたという所もあります。
結婚や出産が仕事への影響がマイナスのイメージの人も多いです。
しかし結婚をあきらめたという人はごくわずかな意見です。
しかも女性の出産できる年齢はタイムリミットがあります。
男性の場合であれば「草食男子」という言葉が流行しました。
その言葉の表れのように積極的に女性に結婚を申し込む人が少なくなったと言われています。
社会的には男性には結婚は好感度の上がるものですが、晩婚傾向にある男性は、
不景気などの影響から臆病になっている事も考えられるようです。

【焦りはアラサーから?】
結婚適齢期が上がっていると言えども、焦らないでいる人は少ないようです。
女性の中では「30歳になったら結婚してない自分に急に焦りだした。」という人がとても多いのです。
30代に結婚相談所の登録数が跳ね上がるのも、「30歳」という響きも関係しているようです。
20代はとにかく遊び、そして仕事をしてきた。結婚なんてまだまだだと思ってみたら30歳。
30歳を区切りにして、このまま出会いがなく、結婚を意識しないでいいのだろうかと考えます。

気づいたら友達は結婚していて子供もいる、という人もいるかもしれません。
経済的にも自分ひとりで大丈夫かと不安になる人もいます。
そういった事で30代に結婚に焦る人が多いのです。男性でも30代で焦りを感じる人は多いようです。
女性のように30という区切りではありませんが、
「30代後半になって急に焦り始めた。」という回答がよく見られます。
もちろん親や親戚の言葉などもありますから、意識する人も多いかもしれません。
「年賀状に結婚式や子供の写真をのせたものをもらう事が多くなってきた。」
という答えも多く見られました。
色々な事情はありますが、やはりいわゆる"アラサー"と呼ばれる年代になると結婚に焦ってくるようです。
婚活のきっかけや理由がこの年代にはあふれているようです。

【30代での結婚の年齢差】
30代で婚活を始める人達の多さはダントツではありますが、結婚相手は30代ではない場合もあります。
今は"歳の差婚"と呼ばれるように男性が50代で女性が30代、女性が40代で男性が30代など
親と変わらない年齢と結婚する事も多いです。
・初めは同年代を希望していたけれども、あまりうまくいかず、年齢を上げていったらそうなった
・同年代に魅力を感じなくなった
・経済的にも年上の方が収入がある
・甘えられる
など色々な理由から歳の差を気にしないで結婚するようです。
中には年齢が上の人であれば再婚、という人もいますが、
再婚を意識させないそれ以上の魅力がその人にはあるのかもしれません。
また歳の差婚が増えているのもありますが、逆に結婚相手の年齢差の平均は狭まってきています。
夫婦の年齢差が3歳から1.8歳へと狭くなってきているのです。

また共感できる事や趣味が似ているのも多いのが同世代。
相手の条件に同級生を絶対と持ってくる人もいるくらいです。
出会いを求める時に、だいぶ紹介される人や相手が限定されてしまいますが、
年齢というものにこだわりを多く持っている人が多いのも事実です。