トップページサイトマップ

理想の相手をGETするには?理想が高くて良い人が見つからないという方は必見!

適当な男とは

■冗談?本音?
適当男と言えば、芸能人の高田純次さんが思い浮かびます。
世の中適当に生きている方が楽でいい、という考え方。
適当に答えて、適当に話を進める。そんな人を思い浮かぶはずです。

ファイルを指さし驚く男性

どんな真剣な話をしても適当に話をそらされるので、話が続かないものです。
イライラする人もいますが、それが楽な人もいます。
ただ甘い言葉などを普通に言われても、それが冗談なのか、本音なのかわからない所。
何を考えているのかわからないという部分においては、相手が読めないので困るかもしれません。
話は尽きないので、楽しい話をしたい人にはいいかもしれません。

■まぁ、いいじゃんが口癖
とにかく口癖は「まぁ、いいじゃん」が多いかもしれません。
「細かいことは気にしないで」という感じです。
「ここはどうなの?」と聞いても「まぁ、いいじゃん」ととにかくはぐらかされる感じです。
でもたまにいい時もあります。
ちょっと今詰めた時に、開放できる言葉です。
もし行き詰まった時には適当に生きている男性に相談してみるのもいいかもしれません。

自分が思い悩んでいる事がなんだか小さい事のように感じるかもしれません。
イライラする人もいるかもしれません。軽い男と見らるのも難点です。
実際に軽い男なのかもしれません。

■真剣に生きるところ
適当男と言えばすべてを適当に生きているイメージですが、
ある程度きちんとした所を真剣に生きていれば、あとは適当男を見習っても良いこともあります。
仕事、家族、仲間。そこだけ真剣に向き合っていく事で
あとは適当な感じの方が思いつめる考え方になりにくいです。

「こうあるべきだ」という固定観念を捨てる事で、新しい事が入ってくる場合があります。
適当な男性を選ぶとしたら、きちんとするところはどう思っているのか、
どういった行動をしているのか見てみると良いでしょう。
意外に、熱い所を持っている人もいるかもしれませんよ。
適当男との出会いが、実は素敵な出会いに・・・ということもありえるのです。