トップページサイトマップ

理想の相手をGETするには?理想が高くて良い人が見つからないという方は必見!

ドラマのような出会いとは

■ある日偶然
ドラマのような出会いって本当にあるのでしょうか?
はっきりいって「ない!」と思っている人がいます・・・。
実はあるところにはあります。

女性の手を取る男性

ドラマのような出会いとは「偶然」「運命」を感じてしまうような出会いのことを言います。
運命の出会いとも言いますが、ドラマではどのようなものが典型的か見ていきます。
たとえばよくあることですが、幼馴染が小さいときにはいじめっ子でいつもその子にいじめられていた。
(この場合いじめっ子は男性とします。)
そして女の子は太っていてブタちゃんのようなので「子豚」というあだ名だった。

何年かすると、2人が再会し、いじめっこはハンサムのエリートになっていて、
子豚はやせて美人になっている。
しかし昔にいじめられたことを根に持っているのでなかなかうまくいかない。
ただ、昔いじめていたのは男の子がその女の子を好きだったからで大きくなってから告白する・・・・
というようなちょっと漫画チックなストーリーを含みます。
この場合ポイントがいくつかあって「大きくなって再会」(よくある要素のひとつ)
「美人とエリート」というスパイスが加わってドラマ性がでているのです。
実際にどんなものがあるのか見ていきましょう。

■運命の出会い?
俗に言う運命の出会いとは「何度も偶然に会ってしまうこと」とか「こんなことあるのか」と
思えるような出会い(たとえばピンチのときに必ずあらわれるなど)を指します。
その際には今まで空白の期間があって相手のことをあまり気にかけてなかったんだけど
偶然の出会い等により徐々にきになってくるということも、ありえます。
しかしここでいろいろなトラブルが発生(ライバルの登場、主人公の立場があやうくなる)しますが
それを乗り越えてやっぱり赤い糸で結ばれていたというような王道のストーリーが成り立ちます。
ありそうでなさそうな話ですが実はあるところにはあるのです。