トップページサイトマップ

理想の相手をGETするには?理想が高くて良い人が見つからないという方は必見!

学生時代からの縁

■付き合いが長いほうがよい?
腐れ縁という言葉を聞いたことがありますよね。
学生時代から出会いがあって、その恋人と付き合って結婚した!
というとすごく長い間2人だけで純愛をはぐくんできたんだなぁ・・・
ということで結婚式でも注目されることがあります。

手を繋ぐ高校生カップル

同様に、学生からの付き合いということは本人たちだけしか見てなかったの?
と疑問視されることもありますが、当たり前のようになってしまうと
その学生のときからの出会いが「偶然」といえるでしょう。
「本気さ」が伝わったのが結婚するときだったということです。

ここまでいくつか成功すると、もう出会いの達人というか運命から生まれもって
二人は結ばれる運命だったんだな・・・ということに解釈してもいいような気がしますね。
これも一つのドラマです。

■腐れ縁とは
腐れ縁とはいつまでたっても切れない(良くも悪くも)縁を指します。
腐れ縁と言いながらもマイナスイメージがあることは少ないですね。
何となく相手に、 わずかに愛情があるんだろうか?というイメージがあります。
それほど悪くは、思ってない気がするのは気のせいではないでしょう。

おそらく腐れ縁という言葉は、「運命の相手」と出会っている?
というイメージがあるのではないでしょうか?
女性の味方からすれば、女性は、目を見て話を真剣に聞いてくれる男性に好感を持ちます。
腐れ縁の男性と話をするときは「またあんたなのね」と思いつつ、
男性はうんうんと相槌を打つだけでも不思議と女性に嫌がられることはありません。
そうしている関係で、馴れ合いながらも「阿吽の呼吸」がある2人になれる可能性も高いのです。

既にこの時点で出会いが出来ている気がします。
腐れ縁が運命の出会いかな?と思ったときには会話のなかで、
目をじっと見てあげると相手も「何だ?」と反応してくるはずです。
「この人運命の人なのかな?」とおもったときに
トリックをくわえてまじめに目を見て話をしてみてください。
ちゃかされるかもしれませんが、意外と照れたりするかもしれません。
そうすると何となくイメージが変わってきますよ。