トップページサイトマップ

理想の相手をGETするには?理想が高くて良い人が見つからないという方は必見!

ジェネレーションギャップ

■小さい差でも感じる
同年代の出会いでは感じないような、小さな差が大きく感じる。
これは年上女性と年下男性のカップルに限らずとも、
年の差カップルであればある程度感じるものではないでしょうか。
才という小さい差でも、時々話していて知らない事があったり、噛み合わなかったり…
そんな事はあるようです。
気にしない人はあまり気にしないようですが、一度気になるのがジェネレーションギャップです。
特に好きなアイドルやテレビ番組だったり、その年代に流行ったものなどは、
それぞれに違ったりすると、ドキッとしたりします。
年上の女性は、そういった小さな事にも敏感に反応しますから、多くの人が悩んでいるものです。

年上女性と飲む

■見た目と同じくらいに悩む
全員がそうではありませんが、年上女性は自分たちが
「カップルに見られていないのではないか。」と見た目を気にする人が多いです。
それと同じようにジェネレーションギャップを気にする人も多いのです。
年上という言葉があまりいいイメージでない人もいるからかもしれませんが、
特に年齢が離れていると、「やはり釣り合わない」と悩む人も多いようです。
ある意味コンプレックスのように感じるのかもしれません。
例えですが、2年しか離れていなくても「昭和」「平成」と生まれが違うのでも、気にする人はいます。
何かで生年月日を書いた時に、異様に気にする人いませんか?

■埋めるという努力
そういった女性には「気にするな」と言う事はあまり好ましくありません。
なにげに埋めていく努力をしていくしかないようです。
男性でなく、もちろん女性もお互いが歩み寄りというものです。
わざと話題を作ろうとしなくても大丈夫ですが、ある程度はそういった噛み合わなかった話を
次回には少し理解しようとする、という事が大切だと思います。
それはジェネレーションギャップだけでなく、普段の生活の中から、相手に対する思いやりです。
大人になれば、そういった物にこだわっていた事が笑い話になるくらいの事ですが、
そうやって埋めていくことで愛の絆は強くなっていくようです。