トップページサイトマップ

理想の相手をGETするには?理想が高くて良い人が見つからないという方は必見!

シングルファザー

シングルマザーという言葉がある以上、当然シングルファザーという言葉も存在します。
男がいれば、当然女がいます。また出会いがあれば、別れもあります。
シングルファザーとは離婚や死別で、父親が自分の子供を育てている父子家庭を指します。
もし子供が生まれてくる前に自分の両親を選ぶ「胎内記憶」が本当なら、
シングルマザーの子供は生まれてくる前に母親でなく父親を選んで生まれてきたわけです。

子育てをする父親

シングルマザーも大変ですが、シングルファザーも大変です。
では日本のシングルファザー実態はどうなっているのでしょうか。
厚生労働省の全国父子家庭調査結果報告によると、父子家庭は約10万世帯です。

ただ祖父母等と同居している父子家庭も、ほぼ同じ約10万世帯います。
母親と子供だけで生活しているシングルマザーが約75万世帯ですから、
多いのか少ないのか微妙な数字ですね。
シングルファザーと聞くと、自分のお腹を痛めた子供の親権を放棄して、
家を出て行く母親の気持ちはどうなんだろうと考えてしまいます。
もちろんさまざまな事情があるわけですから何も言えませんが、
少なくとも子供を愛しているから父親が子供と一緒に生活し、育てていると信じたいです。

もう少しシングルファザーの実態を見てみましょう。
シングルファザーになった時点での子供の平均年齢は6.2歳です。
シングルファザーになった時点での父親の平均年齢は43.1歳です。
死別が22.1%で離婚が77.4%です。
シングルファザーの約7割がサラリーマンなど常勤雇用で働いていて、
その他は自営業か非常勤雇用です。