トップページサイトマップ

理想の相手をGETするには?理想が高くて良い人が見つからないという方は必見!

大沢樹生と喜多嶋舞

元「光GENJI」のメンバー大沢樹生が女優の喜多嶋舞と出会い、結婚したのは1996年のことです。
当時喜多嶋舞のお腹の中には、3ヶ月の男の子がいました。
ふたりの最初の出会いは1988年のテレビドラマ「ワイルドで行こう」での共演がきっかけで、
長い交際期間を経ての結婚でした。
大沢樹生は1994年に佐藤寛之と共に「光GENJI」を脱退し、さらにジャニーズ事務所を退社しています。

ローラースケート

そして翌1995年には個人事務所「サクセス」とファンクラブ「MOST」を立ち上げ、
これから活躍の場を広げようとしているさなかでの結婚でした。
一方の喜多嶋舞は女優の内藤洋子が母親で、父親は音楽プロデューサーの喜多嶋修です。
2歳の時に両親と共にアメリカへ渡り、1986年に14歳でフジフィルムのコマーシャルに出演し、
1988年にフジテレビのドラマ「ときめきざかり」で初めての主演を果たします。
またこの「ときめきざかり」の挿入歌となった、「Whisper」で歌手デビューします。

しかしこの結婚は長く続かずに、2005年にふたりは離婚します。
ふたりの子供の親権は最初喜多嶋舞が持っていましたが、
喜多嶋舞が2007年に写真集の仕事で知り合った男性との再婚をきっかけに、大沢樹生に移っています。

翌年の2008年1月24日には、喜多嶋舞は女の子を出産しています。
親権は喜多嶋舞が持っていましたが、
実際には大沢樹生が2005年の離婚から2008年に再婚するまでの3年間、
シングルファザーとして1人息子を育てているのです。

大沢樹生の息子には生まれた時から聴覚障害があり、
大沢樹生の胸には自分の息子の名前がタトゥーで入っています。