トップページサイトマップ

理想の相手をGETするには?理想が高くて良い人が見つからないという方は必見!

クレイマー、クレイマー

1979年に上映されたアメリカ映画「クレイマー、クレイマー」は、
男女の出会いとシングルファザーを題材に取り扱った映画です。
この「クレイマー、クレイマー」は映画館でなく、レンタルビデオで観た記憶があります。

フレンチトースト

とても地味な感じしかありませんでした。1979年は昭和54年でインベーダー・ゲームが流行した年で、
喫茶店にこのインベーダー・ゲームが置かれ、サラリーマンが夢中になってやっていたのを覚えています。

またこの年にはサザンオールスターズの「いとしのエリー」と山口百恵の「いい日旅立ち」がヒットし、
「キャリア・ウーマン」や「男には男の武器がある」などの流行語がはやった年でもあります。
もちろん日本でもこの時代に父子家庭は存在していましたが、
まだシングルファザーという言葉が使われるのはもう少し後です。

「クレイマー、クレイマー」はダスティン・ホフマンが演じる会社員テッド・クレイマーが、
専業主婦だった妻のジョアンナ・クレイマーから、自分も何か仕事に就きたいと相談されます。
しかしテッド・クレイマーは息子ビリーがまだ5歳だからと、妻の話を真剣に聞こうとしませんでした。

そしてある日テッド・クレイマーが、会社から自宅へ何度も電話しますが誰も出ません。
慌てて帰宅したテッド・クレイマーの、嫌な予感が的中していました。
妻のジョアンナ・クレイマーが家を出ていったのです。

翌日からテッド・クレイマーの生活が一変します。
朝は息子のビリーのためにフレンチトーストを作る毎日が始まったのです。
そしてようやくフレンチトーストを作るのにも慣れた頃、
妻が息子のビリー親権を要求し裁判を起こしたのです。
父親のテッド・クレイマーは裁判に負け、息子のビリーとの別れの日が訪れます。