トップページサイトマップ

理想の相手をGETするには?理想が高くて良い人が見つからないという方は必見!

Angels Crest

2011年に上映されたアメリカ映画「Angels Crest(エンジェルズ・クレスト)」は、
レスリー・シュウォーツ(Leslie Schwartz)のベストセラー「天使の住む山」を映画化したものです。
「スタートレック」や「エルム街の悪夢」に出演しているトーマス・デッカーが、
自分の過失で大切な息子を死なせてしまうシングルファザーを好演しています。
トーマス・デッカーが演じるイーサンは妻と別れ、3歳の息子と暮らすシングルファザーです。

大自然

ロッキー山脈のふもとの町で息子と平和に暮らすイーサンは、
この息子を連れて車で旅行に出かけます。
旅の途中で寝ていた息子を車の中に置いて、林の中を散歩します。
ところが車の中に息子の姿がなく必死に探しますが、息子は林の中で凍死した姿で発見されます。
愛する息子を失ったイーサンを待っていたのは、児童虐待という容疑でした。

自分の過失で大切な息子を死なせてしまった罪の意識を、
今ハリウッドで最も注目されているトーマス・デッカーが見事に演じています。

日本でも子供を連れてパチンコ屋に行き、子供を車の中に置き、
熱中症で死なせる事件がしばしば起きています。
また過失で自分の幼い子供を車で轢いてしまう、悲惨な事件も絶えません。
愛する人との出会いと別れ、特にそれが自分の過失で子供を失うことほど、残酷なことはありません。

胎内記憶では妊娠中だけでなく、生まれてくる子供は天で自分の親を選ぶと言われています。
もしそうだとすれば、子供を失う親には一体どんな意味があるのでしょうか。