トップページサイトマップ

理想の相手をGETするには?理想が高くて良い人が見つからないという方は必見!

聞きたくない事

恋人の過去の恋愛を気にする人は多いものです。しかし、自分が相手の過去を気にしているなら、相手もまた、あなたの過去の恋愛について疑いや不安を持っているかもしれません。

踏み込んでくる

恋愛の進め方はカップル、人それぞれですが、常識的な大人同士の交際であれば一般常識の範囲内のマナーを踏まえた付き合いになるものです。二人の時間を重ねていく中で、言動のOK、NGラインもある程度見えてくるでしょう。そんな恋愛のマナーの一つとして、「相手の過去を無暗に詮索しない」という暗黙の了解があります。例え親密な恋人でも、過去について問いただすのはタブーです。それに、過去の出来事や記憶を掘り返したところで、現在付き合っている自分たちにとって何のメリットにもなりません。

そして過去のことを無暗に聞かないというマナーと、もう一つ忘れてはならないのが、「過去のことを必要もなく自ら話すのも避けるべきである」という事です。今の恋人と出会い、今日まで付き合ってきた中で、過去の話をする機会もあったでしょう。単なる昔話を話して聞かせるのに問題はありませんが、それが「過去の恋愛」というデリケートな話題になると要注意です。恋人の過去の交際相手に、おそらくほとんどの人は良い印象を抱けないものです。もし、昔の恋人と自分を比べられていると話し相手に受け取られてしまった場合、お互いの気持ちがすれ違う原因にもなってしまいかねません。いくら仲の良い恋人同士でも、話すべき事と話すべきではない事の線引きは必要です。過去の話題の取扱には注意しましょう。