トップページサイトマップ

理想の相手をGETするには?理想が高くて良い人が見つからないという方は必見!

k

一方的なワガママは甘え

付き合っている恋人にワガママを言っていませんか。二人が出会い、付き合い始めた頃にはそれなりに遠慮や配慮があったものの、付き合いが長くなるにつれて少しずつそれが無くなり、今では要求ばかり押し付けてしまっている…そんな話はよくあるものです。人が親密になると、よそよそしい空気は少しずつ取り払われます。

女性に甘える

好きな人と仲良くなるのはもちろん素晴らしい事です。いつまでもよそよそしいよりは、多少フランクな付き合いができる方がいいでしょう。しかし、仲良くなりすぎて遠慮が一切ない状態になってしまうのも危険です。仮に、二人ともお互い一切遠慮なしで付き合えるのであれば、それは「対等」ですし、苦情や不満を言い合うこともできるでしょう。注意しなければならないのは、一方的にワガママを言い、相手が常にその望みや要求を受け入れるという状態に陥ってしまうことです。

恋人に対してワガママを言いがちな人は、おそらく「自分たちは恋人同士であって、お互いに好きなのだから、これくらい許されるだろう」という甘えがあるのではないでしょうか。自分と相手の愛情を免罪符に、なんでも許されると勘違いして、相手への思いやりや配慮を忘れてしまっているのです。

どんな相手にも「好きだから」という理由で自分のワガママを押し付けてはいけません。恋人を大切にすることができなくなったら、そのカップルの終わりは確実に近づいています。恋人と自分が常に対等であると意識し、相手を敬うことを忘れないでください。